読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに増える雑記

ガジェットとか鉄道関係で書きたいことができたら書きます

docomoのケータイ補償サービス

ケータイ補償サービスとは

docomoの公式サイトが一番詳しいので、読んでください。 要するに、故障した端末、不具合のある端末を格安でリフレッシュ品に交換できるサービスです。 機種変更が割高なこと、今後MNPで安く端末が手に入れられるか不透明なこと、端末の進化も鈍化していることから、壊れた・調子の悪くなった端末を替えるのに割とおすすめできるサービスです。

手順

  1. My docomoにログインし、「サービス一覧」/「盗難・紛失・故障に関するお手続き」/「ケータイ補償(補償の申込み)」を選択
  2. 手続き内容の確認、交換電話機等送付先の選択、連絡先電話番号の入力
  3. トラブル内容の入力、交換電話機の確認(補償対象かどうかの確認)
    • トラブルに遭われた電話機はお手元にありますか?→手元にあり
      • トラブルの内容をお選びください(水濡れのみ詳細内容の選択肢が変わります) – 水濡れ、破損、故障/自然故障(破損なし)
      • 電話機の状態(不具合箇所と詳細)
      • トラブルに遭われた日時
      • ドコモUIMカードの状況(有料で再発行も可能)
      • トラブルに遭った電話機の台数確認
    • トラブルに遭われた電話機はお手元にありますか?→手元にない
      • 紛失か盗難かお選びください
      • 警察届け出の内容(届け出済みか否か)
      • 警察届出の内容、電話機が無い事に気付いた日時、トラブルの詳細、ドコモUIMカードの状況、トラブルに遭った電話機の台数確認(届け出済みの場合のみ)
  4. トラブル内容の確認 「お客様が遭われたトラブルの内容に間違いがないかご確認ください。次のページに進まれるとこの内容で登録され、以後内容を修正する事ができません。」
  5. 交換機種の確認 このタイミングで、同一機種か、他の機種か(後述)を確認できます
    • これ以降はすぐに確認できる内容ではないので、適当です
  6. 支払い金額の確認、配送日時の指定、手続き内容の確認
  7. 手続き完了
  8. 新端末が届いたら、各自必要な設定やバックアップの復元を行う
  9. 添付の封筒に旧端末を入れて、指定期間内に郵便ポストに投函

交換機種のアップグレード

同一機種の在庫がない場合は、提示された中で他の機種を選ぶことができます。 - 提示された機種に納得がいかない場合は、電話交渉すれば他にも提示される可能性があります - FOMA契約の人がXi端末に替えることはできないので諦めてください

端末の調子が悪くなってきた頃にちょうど在庫が切れていれば、運良く後継機種にアップグレードが可能です。 - あくまでも原則同一機種同一色の交換であることを忘れずに

なお、外箱はありませんが、必要な付属品(クレードル、テレビアンテナなど)は一緒に送られてきます。SIMを再発行した場合は、挿入された状態で送られてきます。 以下は実際に筆者がXperia Z1 (SO-01F)からXperia Z2 (SO-03F)にアップグレードした時のスクリーンショットです。 - ちなみに当時の交換理由として外装破損を申し出ましたが、タッチパネル反応不良の方が大きかったです。トラブル内容が多少違うからといって後日連絡がくることはありません

f:id:tozaiuser:20151108113020p:plain

他の事例(一例です) - F-06E → F-02G - SH-04F → SH-01G - SC-04E → SC-04F - SC-01F → SO-03F - SO-02E, SO-04E, SO-01F, SO-02F → SO-03F, SO-01G, SO-02G

SIMロック

  • 旧端末でSIMロックを解除した場合は、新端末は予めSIMロックが解除された状態で送られてきます。万一ロックされていた場合でも、ドコモショップで再び無料で解除することができます
  • 2015年5月以降発売機種に交換になった場合の対応は、事例がないので不明です

注意

  • My docomoで一度交換可能機種を確認すると、14日後を目処にMy docomoで確認ができなくなります

    • 規約上、事象発生から14日以内に申し出が必要なためと思われます
    • その場合は補償サービスセンターに電話をかけるように指示が表示されます – 電話で嫌味を言われる可能性はありますが、一応キャンセル・解除は可能だと思われます
    • 交換の必要がない時に、不用意に確認しないようにしましょう
  • 年2回利用した場合、最後の利用から1年経過するまでサービスは使えません

  • 紛失を申し出た後に見つかった端末は赤ロム化するので使えません

    • 見つかった端末は絶対に売りに出さないでください
    • 買い手がドコモショップに修理に持ち込めばバレます
    • 高額な違約金が請求され、今後の補償サービスの契約を拒否されます

Original: 2015-06-07 14:45:57